Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

審査

審査方法について

審査方法と言うのは金融業者によって異なります。
様々な審査方法がありますので、そのお店によって対応を変えるのも良いでしょう。
銀行や大手消費者金融での審査はコンピューター審査です。
スコアリングシステムを採用している所が多いでしょう。
例えば、公務員3点・会社員2点・自営業1点
などのような採点式です。
採点式にする事で全国何処の支店で申し込みがあっても同じ条件で審査する事が出来ます。
この点数方式で、A銀行は7点以上で融資可能!M銀行は6点以上!
などと言ったそれぞれの店の特徴があります。
審査が甘いと言われるのは、このハードルが低い所の事を言われる事があります。

更に個人情報開示審査があります。
これはCICやJICCと言った個人情報を集めている機関ですね。
この情報機関より情報収集する条件に、申し込みした方の情報を登録しないといけないと言うルールがあります。
この事で、勤め先を偽っていないか??収入は??
他の店舗に申し込みしているのか?などと言った事を登録し見る事が出来ます。
他に借金がありません!!なんて嘘をついていても、この情報機関に登録している借金情報はばれます。
なので大手などの借金情報は嘘をつく事なく、申告する方が良いでしょう。
嘘をついている事で印象が悪くなりますから(笑)

大手などはこのような情報機関の情報を使いますが、中小の街金はスタイルが違います。
それぞれ異なります。
同じように情報機関を利用しいているお店もありますが、個人情報機関を使っていないお店もあります。
すでに借りているのはわかっている!!
返済出来るのか??と言う事が重要だ!!
と言ったようなお店ですね。
このようなお店は独自審査をしているので他でいくら借りているかは関係ありません。
もっと言うと、自己破産していても問題ないのです。
重要なのは今から借りるお金を返済出来るのか??と言う事になります。

小さい街金会社では、本人確認を重点的にみます。
最近では、テレビ電話を使って審査する所もあります。
スマホがっ発達していますので、スマホを使って審査している所も多いです。
運転免許証とテレビ電話で顔確認が出来れば審査終了と言う所もあります。

スマホを持っていない人もいます。
そのような人や、金融会社もアナログな担当もいます。
そのような担当者は、電話で審査しています。
電話で話をしていて不自然な所がないか??などですね。
とっさに干支は??なんて言われて答えれない場合、他人になりきっている事もあります。
更に、グーグルマップを使って住んでいる所も近くの情報を調べている担当もいます。
このような人は近くにローソンがありますね。
よく行きますか??なんて話をします。
実はファミマだったりするわけですね。
いや、ローソンはないですよ!ファミマですよ!なんて言うと、嘘を言っていないと言う事になりますよね。
そのような審査方法もあるのです。
必ず、在席確認をして他社の借り入れ記録を取って・・・などが審査と言う事もありません。
ブラックでお金を借りれないと困っている人は、このような小さい街金へ相談すると良いでしょう。
他社の借り入れ記録など一切問題ありませんので。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP